まつ毛エクステ?つけまつ毛?マスカラ?メリット・デメリットを調査!

「すら~っと長くカールしたまつ毛」にあこがれてる女子はたくさんいますよね。エクステ派?つけま派?マスカラ派?でも悩みもたくさんあるはず…最近ではまつ毛を育毛するという方法もあります。どれが良くて…本当は悪いのか!徹底調査しましょう。

*

マスカラのメリット・デメリット

      2016/03/10

マスカラはまつ毛を濃く長く見せるための化粧品です。

まつ毛のボリュームを出すことで、目を大きく見せることができ、女性のアイメイクに昔から使われてきました。

メリットは種類の豊富さ

近年、つけまつ毛やまつ毛エクステなどの登場により、以前よりは注目度は下がりましたが、つけまつ毛やまつ毛エクステに比べ費用を安く抑えられるというメリットがあります。

落とすのは簡単で、自分のまつ毛を生かすので、自然な仕上がりになることと、タイプやカラーが豊富にあることです。

デメリットは水に弱い

しかし、つけまつ毛やまつ毛エクステに比べると普通のマスカラでは汗や涙など水分に弱いというデメリットがあります。

スポーツなど汗をかきやすい場面で落ちやすいです。涙を流すと「パンダ目」と言って目の周りが黒くなりやすいです。

マスカラはタイプ別に選ぶ

マスカラにはいくつも種類があります。ボリュームを出したり、長く見せたりなど、タイプ別に選んだほうがいいでしょう。

  • ボリュームタイプ

    まつ毛1本1本の太さや濃さを強調することで、しっかりとしたまつ毛になり、このタイプが一番目を大きく見せます。まつ毛の先よりも根元にしっかりつけるとより効果的になっています。

  • ロングタイプ

    自分のまつ毛より太さや濃さではなく、長く見せることができるのが特徴です。ほとんどに繊維が配合されおり、その繊維がまつ毛を長く見せます。

  • ウォータープルーフタイプ

    通常のマスカラとは逆で水に強いことが特徴です。夏やスポーツ、アウトドアなどには適しています。ただし、水に強い分、他のマスカラに比べて落とすことが、簡単ではありません。専用のクレンジングなどで落としましょう。

  • フィルムタイプ

    ウォータープルーフタイプと同様に水に強いタイプのマスカラですが、ウォータープルーフタイプよりは弱いので専用のクレンジングなしで落とすことができます。

  • カールタイプ

    カールを持続させてくれて、初心者などでも使いやすいのがこのタイプです。

黒や茶だけではないカラー

カラーも近年は豊富になっています。どのような印象に見せたいかで、カラー選びも変わってきます。

自然な印象を目指すならブラウン(茶色)がおすすめです。元々の目の色が茶色がかっている人もブラウンの方が自然な印象になります。黒のキリッとした印象と違い、目元を柔らかい印象にします。

目を大きく見せたい時はブラック(黒)のマスカラがおすすめです。

なかなかつけるシチュエーションなどは少ないかもしれませんが、パーティなど普段と違い、華やかな印象に仕上げたい時は、カラーマスカラがおすすめです。

ブルーは涼しげな目元に、ピンクは可愛らしい優しい印象に、黄色、緑、オレンジは元気で快活なイメージになり、紫(パープル)は落ち着き、上品さ、色っぽさを演出できます。

即効性ならマスカラが一番

今すぐボリュームを出したい、長くしたい、雰囲気を変えたいというのであればマスカラはすぐに可能です。
そのためには希望にあったマスカラが必要ではあり、使用期限は約3か月と意外と短いものが多いです。品質の変化に気づいたら無理して使用せず、新しいものを購入した方が良いでしょう。