まつ毛エクステ?つけまつ毛?マスカラ?メリット・デメリットを調査!

「すら~っと長くカールしたまつ毛」にあこがれてる女子はたくさんいますよね。エクステ派?つけま派?マスカラ派?でも悩みもたくさんあるはず…最近ではまつ毛を育毛するという方法もあります。どれが良くて…本当は悪いのか!徹底調査しましょう。

*

まつ毛エクステのメリット・デメリット

      2016/05/09

目元は人間の顔のパーツの中でも、最も印象に残りやすく表情を表すパーツであるため、世の中の多くの女性たちはアイメイクによって目元を強調させて、少しでも自分の印象を良くしようと努力しています。

そんな目元の印象を大きく左右させるのがまつ毛の存在です。
まつ毛があると目力が増すだけではなく、相手に女性らしい印象を与える事も可能なため、アイメイクを施す際にはマスカラ等によるまつ毛のメイクも欠かす事ができません。最近ではまつ毛エクステを受ける女性たちが増えてきました。

メリットは他にはないナチュラル感

まつ毛エクステの場合、ナイロン素材でできた人口毛をグルーとよばれる接着剤で直接、自分のまつ毛に接着する事でまつ毛の量を増やしたり、カールを加える事が可能になります。また、その仕上がりも自然で、化粧の度に装着し直す必要も無いため、メイクにかかる時間も短縮でき、メイクが楽になるなどと言ったメリットが多くあります。

こうしたまつ毛エクステに使われる人口毛にはシルク、ミンク、セーブルといった種類があり、種類によって毛質が変わるため目元の印象も大きく変わります。

  • シルク

    他の種類に比べても毛質が固く弾力があるため、メンテナンスが簡単なうえカールも持続しやすく、毛自体に光沢がある事から女性らしいセクシーな目元を作る事が可能になります。そのため、カールをつけたい人や目をより大きく見せたい人たちに支持されています。

  • ミンク

    シルクよりも柔らかい素材でできているため、地まつ毛に掛かる負担も少なく軽いつけ心地でより装着感があることから、シルクに比べてもより長持ちするため女性らしいしなやかな目元を作りたい人たちに人気があります。

  • セーブル

    シルクやミンクに比べてるとその値段自体は高くはなりますが、より自然らしくまつ毛に馴染むことから持ちもよいため、ごく自然に目元の印象を変えたい人たちに支持されています。

地まつ毛に負担がかかるのがデメリット

これらのようにまつ毛エクステは使う種類や量によって、目元の印象を自由自在に変化させる事が可能です。

しかし、地まつ毛に直接装着しなくてはならないため、化粧を落とす際にクレンジング剤が限定されたり、時間がかかったりするのがデメリットとなります。地まつ毛に掛かる負担も多いことから、まつ毛の抜け毛などのトラブルも起きてしまうといったことやもあげられています。

まつ毛エクステの寿命は1カ月程度です。サロンや技術力などで変動はありますが、平均的には5千円前後で、上下になれば1万円前後はかかると思っておいた方がいいでしょう。

メイクは楽になるが注意が必要です

タオルなどは使う時に注意しないと引っかかってしまったり、続けて使うには他と比べると、月に1度程度はリペアのために確実にお金がかかってしまいます。

しかし、まつ毛エクステは自分で行うわけではないので、メイク時などは他に比べてとても楽です。メイク直しの時でもキープしてくれているので何もする必要がありませんし、ノーメイクの日でも目元は華やかなままです。